ワイズクラフト製品 使用方法

Revolution 130M 使用方法

【使用方法】
 
■ 準備作業 ■
ボトルをよく振ってからご使用ください。
付属のノズルを容器先端に取り付けてください。
モーター内部を常に確認しながらの作業になります。
ペンライト、ルーペ等のモーターブラシを直接目視する為の用具をご準備ください。
作業内容は、モーター慣らし経験の豊富な方を対象としております。初心者の方は、経験者からアドバイスを受けながら使用して下さい。

 

■ 作業工程 ■
ブラシメンテナンス・疑似コミュ研磨
(ある程度使用したモーターのブラシ、コミュの当たり面を良いコンディションに戻す作業です。)

1.モーターを逆回転になるように、電源に接続し低電圧で回します。
2.レボリューション130M(ホワイト)を2~3滴コミュに塗布し5秒ほど回した後、ブラシコンディショナー(グリーン)を1~2滴塗布し1分ほど回します。
3.手順2を数回繰り返し、コミュ表面が綺麗になったら、エアーブロー又はパーツクリーナーで洗浄して下さい。
4.正回転で、無負荷もしくは実走でブラシ当たり面を取ったら完了です。

● ミニッツアルミモーターマウントの場合、車載の状態でプロポのスロットルトリムを調整し、モーターを回して使用する事も出来ます。(液飛び散り対策要)
● ブラシは少しづつ削れていますので、過度の使用にはご注意下さい。作業内容は一例ですので、自己責任で自由にアレンジして下さい。
● お使いのモーターチェッカーの特性によって適正な使用電圧が変わってきます。最初は低めの電圧からお試しください。

380モーターの新品ブラシの当たりを取るのに適度な成分になっています。(走行後のメンテナンス時は削り過ぎにご注意下さい。)
540モーター(マブチタイプ)の新品ブラシの当たりを取るには切削力を上げる為、姉妹品130S(レッド)を適量混ぜて下さい。もしくは130(ピンク)をご使用下さい。
綺麗に仕上げるには、ブラシ削りかすをこまめに洗浄しながら作業するのがコツです。

ミニッツモーターの場合4V~6Vで回しながら130Mを1~2滴さして10秒ほど経ちますと回転が一気に上がります。
そこで回転を止めてコンディショナー(グリーン)を少しさしてから走行してみてください。パワフルな走行が楽しめます。(パーツクリーナーで洗浄しませんので、ブラシの消耗が多くなります。過度の使用はご注意下さい。)

■ 注意事項 ■
● 液体ブラシセッターが付着している間は、ブラシが削れていきます!目を離さずに常時ブラシの減り具合をチェックして下さい。
● 少量でも効果がありますので、液を大量に塗布しないで下さい。削りかすを含んだ液が、軸受メタルに入り込み傷が付く恐れがあります。

■ 備  考 ■
● 切削作業を無通電で行うと(別モーターとゴム管等で連結)通電時と違った仕上がり具合になります。
● 熱入れ作業は実走以外に無負荷・高電圧で行うと違った仕上がりになります。
● ブラシ厚を最初から一気に減らしたい場合は、熱入れ作業前に済ませたほうが早く削れます。
● 液体のピュアな状態を保つため、他の液に使ったノズルは使用しないで下さい。
● 太陽光、蛍光灯からの紫外線により、液の色が退色しますが、性能に影響はありません。
● スロットッカー・ミニ四駆のブラシモーターに使用できますが、説明書にありますミニッツモーターとは適切な塗布量が違いますのでご注意ください。
● ミニ四駆等の内部を覗ける穴(クーリングホール)が無いモーターは、モーター缶とエンドベルの隙間に上から液を塗布すると、ブラシ板を伝わってコミュまで液が届きます。

Revolution 130S 使用方法

【使用方法】
 
■準備作業■
ボトルをよく振ってからご使用ください。
付属のノズルを容器先端に取り付けて下さい。
モーター内部を常に確認しながらの作業になります。
ペンライト、ルーペ等のモーターブラシを直接目視する為の用具をご準備ください。
作業内容は、モーター慣らし経験の豊富な方を対象としております。初心者の方は、経験者からアドバイスを受けながら使用して下さい。
 
■作業工程■

追い込み切削
硬いブラシは全面当たりがでてからはなかなか減りません。ストロングタイプ(レッド)を使えば作業時間の短縮になります。

1.レボリューション130S ストロングタイプ(レッド)を1滴塗布し、数秒後にグリーンを塗布する行程を繰り返します。
2.ブラシの削りかすが多く出ますので数回行程を繰り返しましたらクリーナーで洗浄してから作業を続けて下さい。
3.削る量が多い場合モーターは正転、逆転を交互に繰り返して下さい。

● ミニッツ用モーターのブラシは硬いため、コミュの方が先に削られてしまいモーターの寿命が短くなる傾向にあります。
 コミュの削れを軽減するために、最初からブラシをより多く削ってブラシ圧を少なくする時に使用して下さい。
 ブラシ厚を減らしてモーターの特性を変えたい時にも有効です。
 レッドは硬いブラシ専用です。作業内容は一例ですので、自己責任で自由にアレンジして下さい。
● お使いのモーターチェッカーの特性によって適正な使用電圧が変わってきます。最初は低めの電圧からお試しください。
 540モーターでの、マッチモアモーターマスター系を使用の場合は特に設定電圧にご注意ください。

■ 注意事項 ■
● 液体ブラシセッターが付着している間は、ブラシが削れていきます!目を離さずに常時ブラシの減り具合をチェックして下さい。
● 少量でも効果がありますので、液を大量に塗布しないで下さい。削りかすを含んだ液が、軸受メタルに入り込み傷が付く恐れがあります。

■ 備  考 ■
● 切削作業を無通電で行うと(別モーターとゴム管等で連結)通電時と違った仕上がり具合になります。
● 熱入れ作業は実走以外に無負荷・高電圧で行うと違った仕上がりになります。
● ブラシ厚を最初から一気に減らしたい場合は、熱入れ作業前に済ませたほうが早く削れます。
● 液体のピュアな状態を保つため、他の液に使ったノズルは使用しないで下さい。
● 太陽光、蛍光灯からの紫外線により、液の色が退色しますが、性能に影響はありません。
● スロットッカー・ミニ四駆のブラシモーターに使用できますが、説明書にありますミニッツモーターとは適切な塗布量が違いますのでご注意ください。
● ミニ四駆等の内部を覗ける穴(クーリングホール)が無いモーターは、モーター缶とエンドベルの隙間に上から液を塗布すると、ブラシ板を伝わってコミュまで液が届きます。

Revolution 130 使用方法

【使用方法】
 
■準備作業■
ボトルをよく振ってからご使用ください。
付属のノズルを容器先端に取り付けて下さい。
モーター内部を常に確認しながらの作業になります。
ペンライト、ルーペ等のモーターブラシを直接目視する為の用具をご準備ください。
作業内容は、モーター慣らし経験の豊富な方を対象としております。初心者の方は、経験者からアドバイスを受けながら使用して下さい。
 
■作業工程■
初期ブラシの角落とし&慣らし
 
1.ドライスタートを避けるため、ブラシコンディショナー(グリーン)を1滴コミュ塗布します。
2.モーターを0.8V~1.5Vに設定した電源で回し、液体ブラシセッター(ピンク)を1滴コミュに塗布しますとすぐにブラシだけが削れ始めます。
3.スタート時はブラシが鋭角で傷が付きやすいので、削れ始めるとすぐにブラシコンディショナー(グリーン)をコミュに2滴塗布し、潤滑&クリーニングを行います。
4.約20秒位クリーニングしたら、また液体ブラシセッター(ピンク)を1滴塗布します。
5.以降手順4と5を繰り返し。ブラシ角が無くなり、全面当たりが出るまで削って下さい。(適時回転を止めて、仕上がり具合を確認することをおすすめします。)
6.最後に洗浄力の高いパーツクリーナーで、完全にブラシかすを洗い流して切削作業完了です。
7.初期慣らしはミニッツにモーターを載せて実走します。コミュにブラシコンディショナー(グリーン)を2滴ほど塗布し、約2分間クラッシュしないようにスムーズな走行を心掛けてください。
8.モーターを冷やしてから再度、ブラシコンディショナー(グリーン)を塗布し約2分間走行してください。
9.以降、モーターをチェックしながら走行を繰り返します。(モーターによってブラシの当たりが出るまで差があります。)
 
●作業内容は一例です。無負荷慣らし・無通電慣らし等、他の方法もあります。自己責任で自由にアレンジしてください。
●お使いのモーターチェッカーの特性によって適正な使用電圧が変わってきます。最初は低めの電圧からお試しください。
540モーターでの、マッチモアモーターマスター系をご使用の場合は設定電圧にご注意ください。
 
■注意事項■
・液体ブラシセッターが付着している間は、ブラシが削れていきます!目を離さずに常時ブラシの減り具合をチェックしてください。
・少量でも効果がありますので、液を大量に塗布しないで下さい。削りかすを含んだ液が、軸受メタルに入り込み傷が付く恐れがあります。
 
■備考■
・切削作業を無通電で行うと(別モーターとゴム管等で凍結)通電時と違った仕上がり具合になります。
・熱入れ作業は実走以外に無負荷・高電圧で行うと違った仕上がりになります。
・ブラシ厚を最初から一気に減らしたい場合は、熱入れ作業前に済ませた方が早く削れます。
・液体のピュアな状態を保つため、他の液に使ったノズルは使用しないで下さい。
・太陽光・蛍光灯からの紫外線により、液の色が退色しますが、性能に影響はありません。
・スロットカー・ミニ四駆のブラシモーターに使用できますが、説明書にありますミニッツモーターとは適切な塗布量が違いますのでご注意下さい。
・ミニ四駆等の内部を覗ける穴(クーリングホール)が無いモーターは、モーター缶とエンドベルの隙間に上から液を塗布すると、ブラシ板を伝わってコミュまで液が届きます。

Revolution 130conditioner 使用方法

【使用方法】
 
■準備作業■
ボトルをよく振ってからご使用ください。
付属のノズルを容器先端に取り付けて下さい。
モーター内部を常に確認しながらの作業になります。
ペンライト、ルーペ等のモーターブラシを直接目視する為の用具をご準備ください。
作業内容は、モーター慣らし経験の豊富な方を対象としております。初心者の方は、経験者からアドバイスを受けながら使用して下さい。
 
■作業工程■
ブラシのクリーニング&潤滑
コンディショナー(グリーン)は切削時のクリーニング&潤滑を目的としておりますが、慣らし終了後の通常走行にもお使いいただけます。
走行前に、1~2滴ブラシに塗布しますと、スムーズなモーター回転と消費電流低減に優れた効果を発揮します。
無負荷計測のモーターチェッカー上での数字上の変化はないですが、実走時はかなりの性能向上を体感できます。また、元来含まれるクリーナー成分が作用し、走行後のコミュの汚れも少なくメンテナンス周期も伸びます。
 
●塗布分が切れない間でしたらパワー感もあり、コミュの表面も綺麗なまま使用できます。液体を長持ちさせるコツは、モーター缶とエンドベルの隙間から流し込むように塗布するとブラシ板を伝わりながら補給されるので、コミュへ直接塗布するより簡単で長持ちなのでお勧めです。
●プラモーターケースを使用している場合、ブラシコンディショナー(グリーン)は飛び散らないように少量の使用を心掛けて、プラ部分に付着したら早めに除去してください。
●お使いのモーターチェッカーの特性によって適正な使用電圧が変わってきます。最初は低めの電圧からお試しください。
540モーターでの、マッチモアモーターマスター系を使用の場合は特に設定電圧にご注意ください。
 
■注意事項■
・液体ブラシセッターが付着している間は、ブラシが削れていきます!目を離さずに常時ブラシの減り具合をチェックしてください。
・少量でも効果がありますので、液を大量に塗布しないで下さい。削りかすを含んだ液が、軸受メタルに入り込み傷が付く恐れがあります。
 
■備考■
・切削作業を無通電で行うと(別モーターとゴム管等で凍結)通電時と違った仕上がり具合になります。
・熱入れ作業は実走以外に無負荷・高電圧で行うと違った仕上がりになります。
・ブラシ厚を最初から一気に減らしたい場合は、熱入れ作業前に済ませた方が早く削れます。
・液体のピュアな状態を保つため、他の液に使ったノズルは使用しないで下さい。
・太陽光・蛍光灯からの紫外線により、液の色が退色しますが、性能に影響はありません。
・スロットカー・ミニ四駆のブラシモーターに使用できますが、説明書にありますミニッツモーターとは適切な塗布量が違いますのでご注意下さい。
・ミニ四駆等の内部を覗ける穴(クーリングホール)が無いモーターは、モーター缶とエンドベルの隙間に上から液を塗布すると、ブラシ板を伝わってコミュまで液が届きます。
 
4.メンテナンス
ベアリング内部にダストが入らない限り、回転の軽さはかなり持続しますが、
メンテナンスが必要になった場合はクリーナーで洗浄後、再度上記作業を行ってください。
ベアリング使用初期は慣らし期間とし、早めに再開すればよりスムーズなベアリングとなります。
 

Revolution 540M 使用方法

【準備作業】
ボトルをよく振ってからご使用下さい。
付属のノズルを容器先端に取り付けて下さい。
モーター内部を常に確認しながらの作業になります。
ペンライト、ルーペ等のモーターブラシを直接目視する為の用具をご準備ください。
作業内容は、モーター慣らし経験の豊富な方を対象としております。初心者の方は、経験者からアドバイスを受けながら使用して下さい。
 
【作業工程】
ブラシメンテナンス・疑似コミュ研磨
(ブラシ交換できる540モーター用の初期慣らし及び、使用後のブラシ、コミュの当たり面を良いコンディションに戻す作業一例です。)
 
1.モーターを逆回転になるように、電源に接続し低電圧で回します。
2.レボリューション540M(ブルーキャップ)を2~3滴コミュに塗布し5秒ほど回した後、ブラシコンディショナー(グリーン)を1~2滴塗布し1分ほど回します。
3.手順2を数回繰り返し、コミュ表面が綺麗になったら、エアーブロー又はパーツクリーナーで洗浄して下さい。
4.正回転で、無負荷もしくは実走でブラシ当たり面を取ったら完了です。
 
●車載の状態でプロポのスロットルトリムを調整し、モーターを回して使用することもできます。(液飛び散り対策要)
●ブラシは少しずつ削れていますので、過度の使用にはご注意ください。作業内容は一例ですので、自己責任で自由にアレンジしてください。
●お使いのモーターチェッカーの特性によって適正な使用電圧が変わってきます。最初は低めの電圧からお試しください。
 
540モーター(ブラシ交換タイプ)の新品ブラシの当たりを取るのに適度な成分になっています。
また、切削力が弱いのですべてのサイズのモーターの走行後メンテナンスに使用できる万能タイプです。
軽く削った後、導通カーボンが残りモーター効率を上げます。
導通カーボンの定着は短時間ですが、レース序盤のマージンが築けます。
 
ミニッツモーターの場合4V~6Vで回しながら540Mを1~2滴さして10秒ほど経ちますと回転が一気に上がります。
そこで回転を止めてコンディショナー(グリーン)を少しさしてから走行してみてください。パワフルな走行が楽しめます。
(パーツクリーナーで洗浄しませんので、ブラシの消耗が多くなります。過度の使用はご注意ください。)
 
 
■注意事項■
・液体ブラシセッターが付着している間は、ブラシが削れていきます!目を離さずに常時ブラシの減り具合をチェックしてください。
・少量でも効果がありますので、液を大量に塗布しないで下さい。削りかすを含んだ液が、軸受メタルに入り込み傷が付く恐れがあります。
 
■備考■
・切削作業を無通電で行うと(別モーターとゴム管等で凍結)通電時と違った仕上がり具合になります。
・熱入れ作業は実走以外に無負荷・高電圧で行うと違った仕上がりになります。
・ブラシ厚を最初から一気に減らしたい場合は、熱入れ作業前に済ませた方が早く削れます。
・液体のピュアな状態を保つため、他の液に使ったノズルは使用しないで下さい。
・太陽光・蛍光灯からの紫外線により、液の色が退色しますが、性能に影響はありません。
・スロットカー・ミニ四駆のブラシモーターに使用できますが、説明書にありますミニッツモーターとは適切な塗布量が違いますのでご注意下さい。
・ミニ四駆等の内部を覗ける穴(クーリングホール)が無いモーターは、モーター缶とエンドベルの隙間に上から液を塗布すると、ブラシ板を伝わってコミュまで液が届きます。
 
4.メンテナンス
ベアリング内部にダストが入らない限り、回転の軽さはかなり持続しますが、
メンテナンスが必要になった場合はクリーナーで洗浄後、再度上記作業を行ってください。
ベアリング使用初期は慣らし期間とし、早めに再開すればよりスムーズなベアリングとなります。
 

Revolution BB 使用方法

 
1.ベアリングの脱脂
 強力なクリーナー及び溶剤でベアリング内に付着しているグリス、油分を完全に取り除きます。
 脱脂した状態で、ベアリングを回して異音なくスムーズに回るベアリングを使用してください。
 
2.工具
 ベアリングの内径に合った棒状の物にベアリングを差し込みます。
(市販のベアリングチェッカー等で良いのですが、軸が痩せているものはNG)
 ポイントとして、ベアリングの内径と棒状の工具のクリアランスがぴったり合うのが一番いい状態の仕上がりとなります。
 
 代用品としてベアリング内径3ミリまでなら千枚通し、6ミリまでならお箸(断面が丸い物)がテーパー状になっていて良好です。
 ピンセットでも代用できますが差し込みによっては不均等なテンションが掛かり、仕上がりまでの時間がかかるのでお勧めできません。
 
3.処理作業
 完全に脱脂されたベアリングに、レボリューションBBを1~2適さします。(さらさらの液体ですので簡単に内部に浸透します。)
 ベアリング内部に均等に定着するようにベアリングを指で弾くように回転させます。(数分間繰り返して下さい)
 揮発成分がなくなり、潤滑成分のみが定着してくると回転時間が少しずつ長くなっていきます。
 最終的には、指で弾くように回転させたときの回転持続時間が、脱脂のみの時と比べてかなり長く回転が続くようになれば完了です。
 (ベアリングサイズによりますが回転時間が3倍以上になります)
 
 上記作業を繰り返せば、皮膜は厚くなり耐久性も上がりますが、皮膜が厚すぎると回転抵抗になります。
 ベアリングサイズによってベストな状態は違いますので色々とお試し下さい。
 少々手間はかかりますが、「塗布して回すだけ」で耐久性のある軽い回転のドライベアリングが出来上がります。
 
 気温が低い時は、ドライヤーで遠くから軽く温めながら作業すれば揮発が促進され効率良く作業を進めることができますが、
 高温になりすぎると潤滑成分が定着する前に揮発成分が無くなり均等な定着にならないのでご注意下さい。
 
4.メンテナンス
 ベアリング内部にダストが入らない限り、回転の軽さはかなり持続しますが、
 メンテナンスは必要になった場合はクリーナーで洗浄後、再度上記作業を行ってください。
 ベアリング使用期間初期は慣らし期間とし、早めに再処理すればスムーズなベアリングになります。
 
 
 youtubeにて使用方法を紹介しています。ぜひご参照ください。
 

 
 
 
  • ログイン・会員登録
  • facebook
  • twitter